リーディング企業情報

パナソニックアソシエイツ滋賀株式会社

http://panasonic.co.jp/ap/pash/

所在地 滋賀県彦根市
従業員数 56名
うち障がい者 31名【身体:22名 知的:9名】
事業内容 電子回路を中心に電器機能部品の製造・販売
障がい者の
業務内容
電子回路の製造

障がい者雇用の経緯

「パナソニックアソシエイツ滋賀株式会社」は「重度障がい者多数雇用」を目的とし、働く意志と能力を持ちながら、適職や職場環境に恵まれない人々に安定した環境と雇用を確保・推進するために滋賀県と彦根市及びパナソニック株式会社の第三セクター方式によって設立されました。

障がい者の採用方法

新卒者を中心に積極的に採用しています。
基本的にはハローワークからの紹介者を中心に採用しておりますが、特別支援学校等での実習制度を通じ、採用に至るケースもあります。

障がい者の配置と指導

部品取り付け、自動はんだ付け、はんだ検査、実装部品検査、特性検査、出荷検査等の役務の中から本人の特性にあった役務で配置しております。指導については、通常の技術者・ジョブコーチからの指導に合わせ、社内コンペ(技能大会)や社外コンペ(技能検定・アビリンピック)への参加が自発的なモチベーションの向上、個人の目標意識を持つ一翼を担っています。

安全対策

毎年ヒヤリハットのヒアリングを行い、全ての指摘に対応しております。自動ドアや手すりの設置、車いすの高さに合わせた机、屈折レンズ・カーブレンズ・カーブミラーの設置、廊下幅の拡張、障がい者専用のトイレを4種、方向を変え設置するなど、障がい者の方が安心して働ける職場を目指しています。

家族との関係

家族関係を大事にし、困った際には支え合えるようにしています。
具体的な取り組みとしては、年1回家族懇親会を実施しており、会社での様子、ご自宅での様子を確認しあえる場としております。

雇用制度・助成金制度の活用

・重度障害者多数雇用事業所施設設置等助成金
・障害者介助等助成金(健康相談医の委嘱・職業コンサルタントの配置)
・特定求職者雇用開発助成金
・試行雇用奨励金

現状の課題と今後の展望

私たちの会社は「社会の公器」であるという考え方のもと「全員参加による経営」により、障がい者も健常者も、一体融和して仕事を分担し、仕事の能力、スキルに応じた公明正大な運営をめざします。会社も、仕事も、個人も自立をめざし、共にやり甲斐、生き甲斐、働き甲斐を実感できる会社へと努力前進してまいります。

今後、障がい者雇用に取り組まれる企業様へのアドバイス

特別支援学校や障害者就業・生活支援センターなど就労支援機関との連携を密接にすることです。採用の前に会社や作業内容を知ってもらう為、職場体験や実習制度から始めてみてはどうでしょうか。そうすることで双方が理解し合え、就職してからの定着率向上にもつながっていくと思います。又、就労支援機関が窓口になり生活面の相談にも対応して頂けます。

page top

リーディング企業情報一覧

2017年度

2016年度

2015年度

page top